【必見】ワンオペ育児ならファミリーサポートセンターを絶対利用した方がいい理由とは?

ワーママ

我が家はワンオペ育児…近くに頼れる祖父母もいないし、1人で全部こなすの?考えただけでしんどい。

突然ですが

育児を1人で頑張らないで!

頑張りすぎると、ママが体を壊します(経験談による)


育児をする上で一番気軽に頼れるのは両親、義両親

しかし、遠方に住んでいたり

関係性によっては頼みづらかったりしますよね。


そこで、ファミリーサポートセンター(ファミサポ)を頼ろう!

働くママにお勧めする理由を解説します。


ワンオペ育児ならファミリーサポートセンターを利用した方がいい理由とは?

ファミリーサポートセンターとは

ファミリーサポートセンター とは

住んでいる地域で「援助を受けたい人」

「援助を行いたい人」がそれぞれ会員登録を行い

必要時、間に入ってやりとりをしてくれる組織です。


たとえば

残業で保育園のお迎えに間に合わない時

保育所から家までの送迎 

または

保育所終了後の子供の預かり をしてもらえます。


また自分が一人で外出したい時や休みたいときなど

お出かけ、通院など理由を問わず子供を預かってくれます。

習い事の送迎も対象となっていますよ。


お近くのファミリーサポートセンターが知りたい方は、

ファミリーサポートセンターの場所を検索してみてください。

(都道府県別の一覧あり)


子どもを預かってくれる人はどんな人?

簡単にいうと、規定の講習会に参加した一般の方です。(資格や経験は問わない、とある)

講習会の内容は、子どもの世話・遊び・発達など成長に関することや

救命救急の内容など数日にかけて行うものとなっています。


私の担当をしてくださった方は、ご年配の方でしたが

会員歴も長く、預かりに関しては超ベテランという感じでした。


息子が小さい時は、ママじゃないとダメでずっと泣いているような子でしたが、

この方のお宅では大丈夫でした!

おんぶで寝かしつけをしてくださったり、

思った以上にきちんと保育してくれますよ。

ファミリーサポートセンターに登録するときの流れ

登録の流れとしては

  1. 事前に事業所で入会説明を受ける
  2. 会員登録と入会金・年会費の支払い
  3. 後日、預かり担当となる方との面談

と、数日かかります。


会員登録した段階で

自宅からの近さ&お願いしたい条件の合う方をマッチングしてくれるので

お願いする側はまかせっぱなしでOKです。


私が面談したのは2名の方でしたが、

ファミリーサポートセンターの職員(アドバイザー)が同席してくれるので

滞りなく、ゆったりした雰囲気で面談が終わりました。


会員登録がすむと、お願いしたい日が決まっていれば

事前にファミリーサポートセンターに連絡(メールか電話)すれば

希望時間などもすり合わせしてくれるので

当日は預けに行くだけなのでスムーズですよ。

ファミリーサポートセンターの利用料金

自治体によっても違いますが

  • 入会時に、入会金500円と年会費1200円の支払い
  • 預けるときは、500~700円/時間
  • 場合によっては子どもの食事代(300円程度)と交通費など
  • キャンセル料が発生する自治体もある

がかかってきます。

ちなみに送迎など1時間に満たない用事は、1時間分の料金がかかります。


ちなみに、職場によっては

ファミリーサポートセンターの利用料金の補助がでる場合があります。


benefit station(ベネフィットステーション)という

暮らしを応援する福利厚生サービスでは

決められた月額以上の利用料金で、申請すれば

何割かお金が返ってくるのです。


職場がこのサービスを利用している場合は

会員IDがもらえるので利用可能ですよ!

預かり先ではどんな保育をしている?

子どもをお迎えに行くと、預かり中の行動記録がもらえます。

何時に何をして遊んで、いつ排泄した、何を食べたか など

詳細に記載してあっておもしろいですよ。


会員さんによって違いはあるかと思いますが

わが子はピアノをひいたり、粘土、おもちゃで遊んでいたみたいです。

気になる方は、面談の時に聞いてみるといいかもしれません。

ファミリーサポートセンターを実際利用した結果

結論、本当にデメリットがほとんどありません!


入会時の注意書きには

「お引き受けできる会員がいない場合があります」と記載がありますが

私が利用していた自治体では

断られる率0%でした。

突然の残業などで、当日お願いするときは

ファミリーサポートセンターの方が直々

引き受けてくださっていました。


心配なのが

預かり中に何か事故があったらどうする? ということですよね。

ファミリーサポートセンター補償保険に加入しているので、

何かあったときも安心。(会員は料金負担なし)


それでも、室内できちんとみてくれているので

何かおこるリスクは低いと思います…。

まとめ

いかがでしたか?


私の場合、

お願いして断られる心配がないので、たくさんお世話になりました。

そして、頼れる人がいるという事実だけですごく安心する


「他人にわが子を預けること」

迷っている方がいるかもしれません。

でも、一瞬でも子どもと離れる時間ができたら

リフレッシュにもなるし、

少し余裕ができたら、子どもに優しくなれる。


1人で頑張りすぎないで、頼れるところは頼っていきましょう!


【時短】フローリングの掃除に水拭きロボット「ブラーバ ジェット250」がおすすめな理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA